スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
パリ再び?最終編
2010 / 05 / 07 ( Fri ) 17:16:02
パリも3日目。

今日は日曜日。毎月第一日曜日はミュージアムが無料なんですよね。
マリーナは友人のG(ジー)と一緒に念願のルーブル美術館に出かけて行きました。

一応ルーブル美術館には遠い昔に行ったことがあるし、他に行きたい場所がある私とアリィは別行動ということで。

そして、やってきたのはここ。

020502.jpg

バスティーユのマルシェ♪

020510.jpg

ホント、毎回毎回、私はここ来てます!
この雰囲気、音、香りがとても大好きなんです。

020501.jpg
ワンコだってお店番してますし。

今回はチーズとモロッコかどこか北アフリカ系の焼き物のカフェボウル、塩、白アスパラ、ニンニクを買いました。
あー楽しいっ楽しいっ。

疲れたのでちょっと一休み。

020506.jpg

なんだかまた雲行きが怪しくなってきました。
でも、歩く、歩く!

020511.jpg
こういう細い路地を歩くと発見があって楽しいんです。

020503.jpg
何気に雰囲気のいいお花屋さん出現

020505.jpg
旧型のBWDのバイクを発見して喜ぶアリィ。旦那さんがバイク好きで、ハーレーの後ろに乗せてもらったことがあります。

020508.jpg
そろそろパリともお別れ。

ホテルでマリーナ達と落ち合ってから軽くランチを食べて、ここでG(ジー)ともお別れ。
3日間、ありがとね?!
ヨークシャーにも遊びに来てね!

地下鉄+電車(RER)で空港へ。
ここでもやっぱりいるんだなーこれがっ!(笑)
020509.jpg

あちこちでジャックが見れて嬉しかったです。
1時間のフライトでヨークシャーのリーズ・ブラッドフォード空港到着。
アリィの旦那さんが迎えにきていて、アリィとはここでお別れ。
私とマリーナは家が近所なので、うちの旦那のお迎えで一緒に帰りました。

今回の戦利品!
020504.jpg

そして塩キャラメル♪

020507.jpg

マリーナは1日おいて、今度はエジプトへリゾートしに出かけちゃいました。
アリィは旦那さんとギリシャの島へ明日からリゾートしに行きます。
私はうちのワンコたちと毎日一緒に居られて最高に幸せなホリデー中です。

パリ報告以上で終わりでーす。
にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
ここまで見てくださってありがとうございます。
今回はあっさり、のんびりと楽しいパリ旅行でした。
さて、今度はいつ行こうかな(笑)
ガーデンブログ「Nonnie in the Garden」も更新中です。こっちにもスー&エピヌがかなり登場しているので、良かったら見てくださいね。
スポンサーサイト
未分類 TB:0 CM:10 admin page top↑
パリ再び?その2
2010 / 05 / 06 ( Thu ) 12:42:13
パリ2日目。
曇りのち雨という天気予報が外れ、青空が広がる気持ちいい朝です。

010501.jpg

パリ来訪10数回目にして、初めてお船に乗りました。

010515a.jpg

お船から見るパリの景色は視点が違って楽しかったです。

010502.jpg
船上カフェ

010516.jpg
セーヌ側で釣りをする人。いったい何が釣れるんだろ?

ルーブル美術館前で下船。
相変わらず大勢の人でにぎわうルーブル界隈。

010504.jpg

010503.jpg
ヒャッホ?♪

010506.jpg
寛ぐ人々


この日は5月1日メーデーだったので、あちこちでデモを行っていました。

010505.jpg

デモは時として突然警察と衝突するので、デモのなさそうなところへ移動。
モンマルトルのサクレクール寺院へ行きました。

010507.jpg

なぜに鯉のぼり

上の方で太鼓の音が。

010508.jpg
日本の伝統?

010509.jpg
沢山の人々が楽しんでいました。

ネコ天使?

010517.jpg

とにかくすごい人だかり。
マリーナがシャンゼリゼ通りに行きたいというので、やってきました。
お決まりの凱旋門。

010514.jpg

だんだん雲行きが怪しくなってきました。

そして、雨。

010513.jpg
ここでもジャックは元気です。

こういう駐車ってありですか?

010511.jpg
まぁいいや。パリですし。

いっぱい歩いて疲れたので、夕食はホテルの近くのテキトーなレストランで。

010518.jpg
お味は。。。

ということで、2日目終了。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
3日目につづきます。良かったら見てくださいね?♪
未分類 TB:0 CM:6 admin page top↑
パリ再び?その1
2010 / 05 / 04 ( Tue ) 21:59:42
パリ週末旅行から帰ってきました。
2泊3日はあっという間で楽しいひとときでしたが、スーとエピヌが恋しかったです。

290401a.jpg

290402a.jpg

たった一時間ちょっとのフライトでパリ到着。

300408.jpg

Nonnieのパリ写真館はじまり、はじまり?

300401.jpg
マリーナ&アリィ

300404.jpg
ノートルダム寺院

300406.jpg
オデオンの近くのアーケード

300405.jpg
本日の晩御飯はここのレストラン Le Procope で。美味しかったです♪

300402.jpg
ご飯の前に隣のパブでカクテルを楽しみました。モデルはマリーナ。(マリーナは本物のファッションモデルさんです♪)

300403.jpg
マリーナの友達のフランス人G(ジー)(中央)も一緒に食事に行きました。楽しいひとときでした。

続きはまた明日!

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
相変わらずフランス語がイマイチのマミーにポチお願いしますぅ。by Sue

未分類 TB:0 CM:0 admin page top↑
イギリス縦断旅行記(最終回)+本日の2ワンコ
2010 / 03 / 24 ( Wed ) 19:47:19
とうとう旅行記最終回です。
いやぁ、長かった。
旅行より長かった。。(笑)

050301.jpg

デボンシャーのファームを出発して、ウースターシャーのこれまたファームB&Bへ向かいました。

途中、コッツウォルズという丘陵地帯にあるカワイイ村を訪れました。
このコッツウォルズはハチミツ色のライムストーンでできた家々が有名なんです。
(ちなみに、我が街ハロゲートもライムストーンでできた家々が多いところですが、色がもっと黒っぽいんです。)

050306.jpg

ここはブロードウェイという村です。
私が初めてこの村を訪れたのはかれこれ20年以上前。
でも、街並みはさっぱり変わっていません。
(中のお店は多少変わってますけどね。)

050304.jpg

050302.jpg
↑八百屋さんですよ。なんでこんなにカワイイの?

050307.jpg
↑昔ながらの藁葺き屋根。

コッツウォルズの村々はアンティーク屋さんとかが多くて素敵です。
アンティークだかガラクタだか分からない物を売っていることもありますが。(笑)
アンティークだから、高いという訳でも無いんです。

たとえば、ドアノブや、バスルームのぶら下がっている引っ張る電気の取っ手や、ミルクジャグ一つだって立派なアンティークだったりします。

そんな掘り出しものを探すのも楽しいんですよね?♪

050303.jpg
↑雑貨屋さん。アンティーク風の壁に取り付けるフックを買いました。エピヌのリードやレインコートをぶら下げる用。

050305.jpg
リゴンアームというホテル。ロンドンのサボイホテル系列ですが、そんな堅苦しい感じはしないです。
アフタヌーンティーをしに行ったことがありますが、その日は貸切で入れませんでした。
今回はエピヌがいるので、パス。

050308.jpg

050309.jpg

050312.jpg
こんなお家で暮らしたいっ!!

ブロードウェイでお買物に夢中になちゃって、宿に着くころはすっかり暗くなってしまいました。
なので、翌朝。
050310.jpg
爽やかに朝食を楽しむ旦那。

さて、朝のお散歩に行きましょうっ♪

050311.jpg

050314.jpg

夏はお魚釣りができる湖というか沼というか。。
ガチョウさんだらけでした。

050313.jpg

050315.jpg

さぁて、ヨークシャーのおうちへ帰りましょう。

050316.jpg
いやぁ、長かったです。はい。

そして、今日の2人もとい2ワンコ

夕べの様子から。。。

240307.jpg

実は、旦那を驚かせようと思って、スーちゃんのことは内緒にしていたのです。
で、玄関に入るなり、「なんでリビングルームにいっぱい足音がするの?」

さぁ、旦那君、自分でその正体を突き止めたまえ!

という訳だったのです。

いざっスーちゃんとのご対面

「スーちゃん、はじめまして!ダディです。どうぞよろしくね♪」

って、なんで日本語なんじゃいっ(と突っ込み)
スーちゃんはまだ日本語分からないんですよ。

夕べは4人(2人+2ワンコ)で同じベッドで寝ました。
キングサイズのベッドが必要かも。

朝っぱらからプロレスを興じる2ワンコ

240302.jpg

だいぶリラックスしてきたかな?
240303.jpg

仲良し風に見えるけど、エピヌの表情が困ったーズ(爆)
240304.jpg

2ワンコ並んで座っているけど、やっぱりエピヌの顔が。。
240306.jpg

セピアにしてみました。どうでしょう?
240305.jpg

スーちゃんはたぶんジャックのクロスブリードなので、マズルがエピヌより短いです。
顔つきや耳の形から、おそらくボーダーテリアが混じっているかと思われます。
体はエピヌを同じくらいに見えますが、実際は一回りくらいエピヌより小さくて軽いです。
エピヌの体重が5.5Kgでジャックの女の子としては標準値ですが、小さめスーちゃんは1Kgくらい軽いかも。
実際に来週あたり獣医さんでヘルスチェックをしてもらおうと思ってます。

エピヌより表情がきつく見えますが、まったく吠えないし、エピヌが仕掛けない限り、自分からはガウガウはしません。かなり物静かな子です。
ただ、まったくトレーニングされていないので、少しづつトレーニングしていく予定です。

まったく性格の違う2ワンコですが、2日目にして、もうどっちもめちゃ可愛くて仕方がないです。
今後、スーちゃんがどうなっていくか逐次ご報告していきますね。

長文読んでくださって、ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
My name is Scruffy. I suddenly came to this house yesterday. My new mummy gives me a lot of treats. My new sister is very crazy. I hope I enjoy my new life with my new family. by Scruffy
(あたちの名前はすくらふぃでちゅ。私は昨日突然、この家に連れてこられまちた。新しいマミーがいっぱいうまうまくれまちゅ。新しい妹はとてもいい子でちゅ(←誤訳!)新しい家族と楽しく暮らして行きたいでちゅ。すくらふぃ 訳:エピヌ)
未分類 TB:0 CM:0 admin page top↑
イギリス縦断旅行記(その5)
2010 / 03 / 22 ( Mon ) 00:46:04
エピヌでちゅ。

マミーは昨日お休みだったのに、お友達のマリーナちゃん家に遊びに行っちゃったのであたちはダディのお守りをしなくてはいけまちぇんでちた。
あたちは早くブログ更新したかったんでちゅけどね。
マリーナちゃんはお誕生日だったので、あたちもちょっとおめでとうペロペロをしてあげまちた。

それでは、エピヌ旅行写真館スタートでちゅよ?♪

Mullion Coveのコテージで4泊した後、ヨークシャーに向けて北上でちゅ。

途中、Padstowという港町に立ち寄りまちた。
リュック・スタインさんという有名なシェフさんのレストランやお店があるので有名なんでちゅって。
030301.jpg

ちょっと風が強くて寒かったでちゅ。
030302.jpg

リュック・スタインさんのレストランでちゅ。外から見るだけでちゅよ。
030308.jpg

マミーが言うには、ワンコ連れだと入れないんでちゅって。ワンコって誰のことでちゅかねぇ?

それでも、どうしてもリュック・スタインさんのご飯が食べたいマミーとダディ。
テイクアウェイ(アメリカ語でテイクアウト)をしまちた。
じゃじゃーんっ!

フィッシュ&チップス♪
030303.jpg

コーニッシュ・ペースティー♪
030304.jpg

マミーがこんなに美味しいフィッシュ&チップスを食べたのは初めてだー!と感動してまちた。
お魚食べながら、お目目がウルウルしてまちゅよ。
あたちもお魚たべさせてもらいまちた。確かに美味しかったでちゅ。

リュック・スタインさんがチョーキー君というジャックラッセルをお供にあちこち旅をしながら美味しいものを食べるテレビシリーズがあったんでちゅ。マミーはその影響でジャックラッセルが大好きになったらしいでちゅよ。
残念ながら、チョーキー君はお歳を召して亡くなられてしまいましたが、いわば、チョーキー君のおかげであたちがマミーとダディの子供になったらしいでちゅ。チョーキー君、ありがとでちゅ♪

お腹がいっぱいになったので、もうちょっと散策しまちゅ。

かわいいファッジ屋さん。ファッジというのはキャラメルのもっと柔らかいお菓子でちゅ。
030305.jpg

長靴犬?
030306.jpg

ダディがアイスクリーム食べたいって。美味しかったらしいでちゅ。
030307.jpg

さて、そろそろPadstowを出発でちゅ。

030309.jpg

デヴォンシャーのお宿。ファームステイでちゅよ。
030319.jpg

素敵なベッドでちゅねー♪
030311.jpg

小さなリビングルームも付いてまちゅ。
マミーはなにやら嬉しそうに取り出しまちた。
じゃじゃーんっ♪
030310.jpg
リュック・スタインさんのベーカリーからちゃっかりケーキを買ってきたんでちゅねー!

あたちもお腹が空いたでちゅ。

周りに何もないファームでちゅが、近くの村にパブがあるらしいので、行くことになりまちた。
030328.jpg

実は、あたちのパブ初体験なんでちゅ。ちょっと緊張してヒーヒーと鳴いてしまいまちた。
でも、ダディがステーキをおすそ分けしてくれたので嬉しかったでちゅ。
030330.jpg

ファームに戻ってから、あの素敵なベッドで3人で寝まちた。良く眠れまちたよ。

翌朝の朝ごはん。
030321.jpg

030313.jpg

030314.jpg
ベーコンもソーセージも地元産でちゅって。タマゴは自家製?(飼っているニワトリさんの新鮮なタマゴでちゅ。)


とても古いストーブ(かまど?)をまだ使っていて、マミーがとても感動していまちた。
030312.jpg

030318.jpg

ごはんの後、お散歩に行きまちた。

030315.jpg
馬ちゃん達、おはようでちゅー!

030316.jpg
馬ちゃん達と駆けっこ楽しいでちゅ。案内は現役引退ボーダーコリーのソティ君でちゅ。

030320.jpg

030323.jpg

030322.jpg

楽しいでちゅね?♪

030324.jpg

030326.jpg
黒ラブはジェフリー君。あたちはジェフリー君がだいちゅきになりまちた♪

↓元馬小屋を改装して宿泊できるようにするらしいでちゅ。
030325.jpg

夏はこのデッキに椅子とテーブルを置いて、壮大な景色を独り占めしながらビールを飲んだりできるんでちゅって。
素敵でちゅねぇ♪
030317.jpg

マミーも最高に幸せそうでちゅ。良かったでちゅー♪
030327a.jpg

最後にマミーがあたちの写真をお絵かき風に加工してみたんでちゅって。
なんか変じゃないでゅかぁ?
030329.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
このファームは1泊だけでしたが、最高に充実した時間を過ごすことができました。
エピヌも現役&退役ボーダーコリー君達や黒ラブジェフリー君と一緒に遊んで楽しかったようです。
こういう体験ができて、ホント幸せです。良かったねエピヌ!にポチお願いします。
未分類 TB:0 CM:8 admin page top↑
イギリス縦断旅行記(その4)+α
2010 / 03 / 14 ( Sun ) 21:18:59
昨日のことですが。。。


130303.jpg

ということで、プレゼントを戴きました。

130301.jpg

旦那&エピヌ、親友のアリィ&マリーナからです。
ありがとね?♪

そして、今日はイギリスでは母の日なんです。
日本は5月の第2日曜日ですよね。
もとイギリスの植民地であるニュージーランドも日本と同じく5月の第2日曜日。
なんでだろ?

というわけで、またエピヌと旦那からプレゼントを戴きました。

130302.jpg

アリィからのプレゼントの小さなコンテナガーデンに詰まった水仙(のつぼみ)と今日のチューリップ(のつぼみ)といい、急に春が来たみたいです。

水仙とチューリップ、満開になるのが楽しみです。

さて、本題の旅行記のつづきです。

セント・マイケルズ・マウントという海に浮かぶ小さい島に8世紀に僧院として建立されたお城があります。
島内には教会や修道院があって、現在はナショナル・トラストの所有になっているそうです。
干潮時には歩いて島まで渡れるそうです。
フランスのモン・サン・ミシェルのイギリス版ですよ。
モン・サン・ミシェルの方が規模が大きいですけどね。
エピヌはあんまり興味が無いみたいです。(笑)

020301.jpg

そしてここ。

020305.jpg

ランズ・エンドはまさしく地の果て、ブリテン島の一番西側の先端です。

020306.jpg

020321.jpg

エピヌちゃん、しみじみ感動してる?

020307.jpg

ランズ・エンドの近くにミナークシアターという石造りの野外劇場があります。
崖っぷちにあるんですよ。
ダイナミックです!

020309.jpg

ここは、ロウィーナ・ケイドという女性が50年かけて断崖絶壁の岩を切り砕いて作ったんですって!

020322.jpg

020323.jpg

夏の間はシェイクスピア劇などが上演されているそうです。
何かを一生涯かけて作り上げるというのは大変なことだと思いますが、そういう人生にとてもロマンを感じてしまうNonnieなのでした。
それだけの情熱をずっと持ち続けることができるというのは、尊敬ですよね。

そして、この方は。。

020310.jpg

ロウィーナさんはワンコ好きだったみたいなので(展示室にワンコと一緒の写真がありました。)、こんなエピヌの姿はお空から笑って見てくれていることでしょう。

翌日、セント・アイヴス(St.Ives)という街を訪れました。
イギリス国内でも芸術家が好んで住むという人気のリゾートなんでう。
でも、まだリゾートするには寒すぎ。。

020312.jpg

でも、ワンコはビーチのお散歩が楽しいんですね。

020311.jpg

020313.jpg

コテージに戻ってきてから、またフィールドで走るエピヌ。

020315.jpg

近所の馬ちゃんにもご挨拶。

020316.jpg

沢山遊んでやっと疲れたみたい。(笑)

020317.jpg

セント・アイヴスはかわいいお店が沢山あって、お買物楽しかったです。
で、本日ゲットしたもの。我が家のガーデン用。

020318.jpg

芸術家の街だけあって、ギャラリーがいっぱいありました。
とあるギャラリーで見つけた絵(プリントですけど)。
つい買っちゃいました。

020319.jpg

帰ってきてから、早速リビングルームに飾ってみました

020320.jpg

なかなかいい感じ?(笑)

次はエピヌの番ですよ。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
母の日のごはんをダディに作ってもらって、ついでにとても酔っ払いのマミーにポチお願いしまちゅ。by Epinu
未分類 TB:0 CM:10 admin page top↑
イギリス縦断旅行記(その3)
2010 / 03 / 09 ( Tue ) 01:37:53
エピヌでちゅ。

ホリデー3日目。
コーンウォールのコテージで初めての朝でちゅ。
お庭にネコちゃんがいまちゅ。
マミーがネコちゃん驚かせちゃダメだよって言いいまちゅ。
こっそり見ることにしまちゅ。

010301.jpg

今日は日曜日なので、近場でのんびりすることにしたんでちゅって。
まずはお散歩がてら近くのMullion Coveという海岸に行きまちた。
ここからはあたちのお写真ショーでちゅ。

010303.jpg

いっぱい走りまちた。

010302.jpg

ベンチでずーっと海を眺めている人たちでちゅ。
幸せそうでちゅ。

010304.jpg


010303b.jpg

結構坂がキツイんでちゅ。
マミーはお歳なんだから気をつけてくだちゃいね。
(ムッ失礼な!あなたはお子ちゃまなくせに。 by Nonnie)

010306.jpg


010305.jpg


010315.jpg

海が見える素敵なホテルでちゅね。
マミーは実は大砲に座ってまちゅね。

010316.jpg


010313.jpg

コテージへの帰り道、マミーがまた大はしゃぎ。

010307a.jpg

あたち、草原に佇むライオンちゃんに見えまちゅか?

010312.jpg

お散歩から帰ってきてから、近くのリザードという岬の先端へいくことにしまちた。
日曜日なので、お店があんまり開いてないんでちゅよ。
でも、マミーがなんとかランチ調達してきまちた。
お茶とコーヒーのセットを持って いざ、出発でちゅ。
といってもナルちゃん号で15分くらいでちゅ。

010307.jpg

010311.jpg


ランチのコーニッシュペースティーでちゅ。
中身はポテトとビーフでちゅ。
あたちもペーストリーの端っこ食べまちた。
美味しかったでちゅ。

010308.jpg

このお水がいっぱいあるところはなんでちゅか?
お水、しょっぱいでちゅ。
マミーが「海っていうんだよ」と教えてくれまちた。
この海の向こう側はフランスなんでちゅって。

エピヌ、初めて海体験しました。 by Nonnie

010309.jpg

なんかテーブルみたいでちゅね?
海辺の即席オープンカフェ♪ by Nonnie

010310.jpg

帰りにちょっと灯台へ寄ってみまちた。
でも、灯台はこの大きなブイの後ろに隠れちゃってみえまちぇん。

010317.jpg

いっぱい遊んでとっても疲れまちた。
コテージ帰ったらお昼寝したいでちゅ。

ダディと仲良く爆睡中...(by Nonnie)

010312a.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
いっぱいお写真撮りまちた。まだまだ続きまちゅよ。
次回はマミーの番でちゅが、お仕事の関係で週末UPになるかもしまちぇんって。
がんばったあたちにポチお願いしまちゅ。by Epinu
未分類 TB:0 CM:6 admin page top↑
イギリス縦断旅行記(その2)
2010 / 03 / 07 ( Sun ) 15:08:58
今日はいよいよコーンウォールへ。
エピヌは朝からいっぱい走り回ったことだし、道中爆睡でしょう。

美味しい空気と朝ごはんを戴いたあと、素敵なオーナーご夫婦とオリー君に別れを告げて、Ross?on?Wyeを後にしました。

ここはもうイングランドとウェールズの国境沿い。
せっかくだから、ちょっくらウェールズを通って行こうかと運転手(旦那とも言う)の意見にしたがって、ウェールズ方面へ。

景色の良い谷沿いの村々を眺めながら走って行くと、国境が。

そして最初に訪れたのがここティントンアビーという昔の修道院の廃墟。
しかし、ワンコ連れで入れなさそうだったので、見学は中止。

ハロゲートの自宅から車で20分程のファウンテンズアビーというこれまた修道院跡は世界遺産にも関わらずワンコ連れ、ピクニックOKの太っ腹なところなのに。。。
まぁ、一度訪れたことがあるので、今回はパスということに。

280201.jpg

そしてさらに進むうち、またなぜか知らぬ間にイングランド側に戻ってしまっていました。
道路がクネクネとイングランド側、ウェールズ側に入ったり出たり。

280202.jpg

ウェールズは現在はイギリスに属していますが、もともとは別の国。
独自の言語であるウェールズ語保存の為、学校でもウェールズ語を教えているそうです。

そして、ウェールズ内の標識は全て英語とウェールズ語の2ヶ国語表示。

旦那の叔父&叔母がウェールズに住んでいるので何度かウェールズを訪れていますが、ウェールズ語はさっぱり読めるようにはなりません。

実はエピヌにとっても2度目のウェールズ訪問なのです。
この子は3ヶ月のときに北ウェールズのスノウドニア国立公園へ一緒に旅行に来てるのです。
もっとも、本人小さすぎて何も覚えていないと思いますが。

さて、イングランド側へ戻りましょう。

280203.jpg

海峡を隔てる橋を渡ると向こう側はイングランド。

280204.jpg

また高速道路に戻ってコーンウォールまでひたすら走ります。

エクセターという街のスーパーでちょっと夕食のお買物をして、さらに走ること約1時間半。
やっと目的地のMullionという村へ到着です。

今日から4泊するセルフケータリングコテージ 「Trenance Farm Cottages」

280213.jpg

280212.jpg

280211.jpg

コテージ別にいろいろ名前が付いていて、私達のコテージはForge
意味は「鍛冶工房」

他のコテージの名前は、たとえばSty(=豚小屋)
Dairy(=牛乳屋)
Stable(=馬小屋)などなど

とりあえず、豚小屋でなくて良かった(笑)

今回は私達大人2人+チビワンコなので、ベッドルーム2部屋、キッチン・バス、リビングルーム兼ダイニングルームの小さめコテージを予約しました。

中はこんな感じです。

280205.jpg
ソファに敷いてあるピンクのブランケットはエピヌのです。

280207.jpg

280206.jpg
キッチンちょっと狭いなぁ。。

280208.jpg
主寝室?

280209.jpg
今回は荷物部屋として使わせて頂きました。

全体的にこじんまりしていますが、小さいお庭も付いてますし、コテージの隣は広大な原っぱ&牧草地なのでエピヌは満足しているみたいです。

280210.jpg

今日は疲れたので近所の散策は明日からにしましょう。

明日はエピヌの当番です。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
ホリデー最終日のマミーは悲しそうです。励ましのポチお願いしまちゅ。 by Epinu
未分類 TB:0 CM:8 admin page top↑
イギリス縦断旅行記(その1)
2010 / 03 / 06 ( Sat ) 14:26:35
エピヌでちゅ。
1週間の旅行から帰ってきまちた。
ダディがずーっと運転して、全走行距離というものが1000マイルを超えたんでちゅって。
(1000マイル=1600Km)
あたちとマミーはいっぱいおネムしました。
マミーの愛車ナルちゃん号に揺られるととーっても良く眠れるでちゅよ。

1週間分の記事を全部書くのは大変なので、あたちとマミーは交代で旅行記書きまちゅ。
ダディはまだあんまり上手に日本語が書けないんでちゅ。

今日はあたちの当番でちゅ。

britainmap.jpg

2月26日 11:00 ハロゲートを出発。
地図の青いラインに沿って、本日の宿泊地 Ross?on?Wyeまで走りまちゅ。
といっても、走るのはいくらあたちの足が速くても、マミー&ダディーの2人を連れて行くのは大変なので、マミーのナルちゃん号が替わりに走ってくれまちゅ。

イギリスの高速道路(モーターウェイ(Mロード))は基本的に無料なんでちゅ。
(交通緩和の為に有料なところもあります。by Nonnie)
最高速度は時速70マイル(=約112Km)でちゅ。
ところどころにサービスエリアがあって、休憩ができるんでちゅ。
マミーが日本も同じだよ、って言ってまちゅ。
でも、日本のサービスエリアみたいにお蕎麦とかラーメンとか無いのが悲しいんでちゅって。

夕方になって、道に迷いながらもやっと宿泊先のB&Bに到着しまちた。
B&Bというのはベッド&ブレックファーストの略で、日本で言うと民宿みたいでちゅって。

お宿の主さんがとてもいいワンコさんなんでちゅよ。

006.jpg

もうお外が暗くなっちゃったので、明日の朝、一緒にお散歩に行ってくれるそうでちゅ。


あっという間に朝でちゅ。
お散歩に行きまちゅよ。

270210.jpg
270201.jpg

マミーが一番はしゃいでいるみたいでちゅ。

270208.jpg

ダディは道端に咲くスノードロップのお花に夢中。
キレイなお花でちゅね。このお花が咲き始めると春なんでちゅよ。
270202.jpg

270209.jpg

Ollie 君のリビングルームはアンティーク調でとても素敵なんでちゅ。
ちょっとセピア色にしてみまちた。

270203.jpg

朝ごはんはお庭が見える窓辺のテーブル。
いっぱい鳥さん達もゴハン食べてまちゅ。

270204.jpg

リスさんもゴハンでちゅね。マミーのカメラは望遠ダメでちゅね!

270205.jpg

あっ、キジ村さんも来まちたよ♪

270206.jpg
270207.jpg

見ているだけで楽しいお庭でちゅ。
さて、今日はコーンウォールのコテージがあるMullion Coveまで行きまちゅ。
続きはマミーの番でちゅ。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
旅行記まだまだ続きまちゅ。ポチお願いしまちゅ。 by Epinu
未分類 TB:0 CM:2 admin page top↑
パリに行ってきました。(その3)美食の街バンザイ♪
2009 / 11 / 16 ( Mon ) 00:26:43
3日目、8時頃起床。ねむい。。

今日はショッピングデー。
軽く昨日の残りのバゲットとお茶で朝食を済ませ、いそいそと出かける。

最初にバスチーユのマルシェへ。
ここは(たぶん)パリで最大のストリートマーケット。
私のお気に入りのマルシェでもあって、時間がある限りいつも訪れる。
で、今回ゲットしたのはこれ。

131107.jpg
南仏産の紫ガーリック。デカイ!旨い!ついでにイギリスでは買えない。
それからパルメザンチーズの塊200gちょっと。
本場パルメザンチーズは癖になるほど美味しくて、以前、わざわざイタリアのパルマまでチーズとパルマハムを食べに行ったことがある。食にだけはこだわっているつもり。(バカじゃない?とたまに呆れられる(笑))

そして昨日買えなかったNina’sのお茶を買いにオペラへ。
お店に着くと、まだ開いていない。開店は11時からとなっているので、その辺をプラプラして時間を潰す。11時ちょっと過ぎにお店に戻ってもまだ開いていない。
中でなにやら作業をしているスタッフが見えるので、外から合図送ったらスタッフの一人が出てきたので、今日は開店するのか聞いてみる。
その方によると、ちょうど大量のお茶が届いて、その処理に追われているため、開店が30分くらい遅れるという。なかなか目的のお茶が買えない。。

お店が開くまで、ちょっと早めのランチをすることに。
すでに、私はお腹ペコペコ。よくへる腹だ。

今日のランチは「La Mosquée」
カルチェ・ラタンにあるイスラム教モスクの一角にあるサロン・ド・テ&レストラン。
入り口を間違えて、最初、回廊の方に入ってしまった。
アラビアンな回廊はアロマの香りが漂っていて、中庭は別世界みたいに静かで心休まる空間だった。

回廊の中のキヨスクのようなお店のお姉さんにレストランの場所を聞いたら、一度外に出て回った角と言われた。フランス語で聞いたのに、英語で返され、ちょっとガクッと。たぶん同じように迷って質問する人が多いのかもしれない。

角を曲がると目的のレストランが。
ゲートをくぐると、オープンカフェになっていて、中がサロン・ド・テ&レストラン。
入り口でお菓子が売っていて美味しそう。

お腹が空いていたので、ラム肉と茄子のタジンと野菜煮込みクスクスを注文する。
どちらも北アフリカ、チュニジアやモロッコの郷土料理だ。

121101.jpg
ラム肉と茄子のタジン

121102.jpg
野菜煮込み&クスクス

ラム肉と茄子のタジンは肉も茄子もホロホロにくずれ、うーん、美味。
トマトベースの野菜煮込みスープをクスクスに掛けて食す。ほっとするやさしい味。

美味しくて、Natちゃんと2人、「おいしい、おいしい」と夢中で食べた。

レストランの中は壁も天井もアラベスク模様が施されて、フランスにいるのを忘れてしまいそう。
Natちゃんがトルコのイスタンブールやエジプトに行ったときの話しを聞いていたら、私も行ってみたくなってしまった。

膨れたお腹を抱えて、再びオペラのNina’sへ。
3度目の正直でやっとお目当てのお茶が買えた。
沢山買ったので、とりあえず、しばらくは持つだろう。
131104.jpg
’Nina’s Japan’(玄米茶!にキャラメルフレーバーがミックス。とても美味しい。私の最近の一番のお気に入り。) ’Mitz’(チェリーフレーバー)と’Nina’s(フルーティーな香り)

このあと、ル・ボン・マルシェのラ・グランデピスリー(食品館)へ。
ここは高いけれど、いろんな食材が売っていて、見るだけでも楽しい。
ロンドンでいうならばハロッズのFoodhallみたいだ。でも、もっとフランス的。

私のお目当てはチーズ。チーズ屋さんへ行ってもいいのだけど、Natちゃんといろんな食材を見て楽しみたかったので、今回はここで。
旦那の好きなComtéを購入。2種類あって、悩んだあげく味見をさせてもらって決めた。
旦那も喜んでくれるだろう。

ちなみに旦那も今週いっぱい休暇を取っている。
うちのかわいい娘のEpinuの面倒を見るためだ。
makimakiepinu.jpg

ここで、Natちゃんがマロンクリームを2種類買った。
昨日のラデュレといい、つくづく私たちはマロン系が好きだと思う。

とてもスイーツが食べたくなった私たちはスイーツハンティングに。
ピエールエルメは私は今回パスして、本命「サダハル・アオキ」に。
パティスリー・サダハル・アオキの抹茶のミルフィーユは目から鱗の美味しさで、これを求めで再びやってきたのに、今回は売っていなかった。ガーン ><
仕方が無いので、代わりに抹茶系のケーキ、マロンのロールケーキやごまエクレア、マカロンを買って撤退。とても素敵なスタッフのお姉さんが新製品の柚子と抹茶のチョコレートを試食させてくれて、チョコレートコーティングのラズベリーマカロンをおまけとして2つくれた。嬉しい?

それからNatちゃんがガイドブックで見つけた「Bread & Roses」というブーランジェリーへモンブランを買いに行った。デカイ!二人で半分こすることにした。

とにかく、お茶とケーキを早く食べたくてホテルへ直行。
これが戦利品!
121103.jpg

少しお腹を休めてからホテルの隣にあるショッピングセンターの中にあるスーパーマーケット(カルフール)へ。

131111.jpg

お目当てはガレット(ビスケット)とCamargue(カマルグ)の塩。
カマルグはプロヴァンス、マルセーユの近くの湿地で野生の白い馬がいることで有名。
ここで取れる塩が美味しい。
kamarugue.jpg

しかし、しかし、売っていなかった。。
たぶん他のスーパーマーケット、Monoprix(モノプリ)とかだったら売っているはず。
でも、今日はもう行く時間も体力も無い。
あと数日滞在するNatちゃんが見つけたら私の分も買ってきてくれるとのこと。よかった。

ガレットは無事ゲット。
131105.jpg
この「Mère Poulard」のサブレはノルマンディーのモンサンミッシェルにあるふわふわオムレツで有名なレストランのサブレで、サブレ自体も有名。ノルマンディー産のバターの風味が強くて美味しい。
お土産にも最適。だって、軽い。

なんだかんだで、もう夜7時半。
そろそろ本日のディナーの為に移動を開始しないと。

今日の晩御飯は「Le Cambodge」
カンボジア料理だ。

バスを乗り継いで、なんだかんだでお店に到着したのが夜9時。
8時に開店したばかりなのに、もう満席。
予想はしていたが凄い混みようだ。そして隣のレストランは閑古鳥。
予約を受けないレストランというより食堂なので、仕方がない。
たまたま空いている座席があったので、すぐにテーブルにつくことができた。
しかし、せまい。広くない店内にお客がぎっしり詰め込まれている感じ。
席につくと、スタッフのお姉さんがメニューと紙と鉛筆を持ってきた。
自分で、オーダーを紙に書いて渡すシステムらしい。うーん合理的。

とにかく、私はヌードルが食べたかったので、海老ヌードルを書き込む。
Natちゃんは「Phnom-Penh(プノンペン)」という牛挽肉入りのヌードル。
前菜に海老春巻をシェアすることにした。飲み物はお茶で。

オーダーの紙をさっきのお姉さんに渡すとすぐにお茶が出てきた。
春巻もすぐに出てきた。デカイ!
121104.jpg
大きな生春巻が4等分に切ってある。このタレが美味?

そして、前菜が終わると本命ヌードルもすぐ出てきた。
121105.jpg
写真撮る前にかき混ぜてしまった。しかも早く食べたくてピンボケ。

このヌードルと別に大量の生もやしがついてきて、好きなだけ入れて食べるようになっている。
透明なスープはダシが利いていて、とても深い味。

私はカンボジアのヌードルには思い出がある。
若かりし頃、ニュージーランドに留学していた時、友達とよく通っていたのがカンボジアの食堂だった。そこのヌードルも安くて、しかも美味しくて、貧乏学生には最高だった。

イギリスにもあるのかもしれないが、今のところカンボジア料理のお店を見つけることができなくて、ずーっと幻の味になっていたあのヌードルを再び食することができて、とても感動した。
スープがしみじみ美味しくて、幸せだった。
また、絶対ここに来ようと決意を固めた。次は旦那も連れてきてあげよう。

こうして、3日目もあっという間に終了。

121106.jpg
真っ暗だが、「Le Cambodge」のそばのサン・マルタン運河。映画「アメリ」でアメリが石投げをしていた運河はここである。

翌日4日目は私はイギリス帰国。
Natちゃんはホテルを移動。

私はチェックインが11時の為、部屋でのんびり過ごす。

Natちゃんは9時過ぎにはホテルを後にした。
Natちゃんは残りの日程はあちこち美術館めぐりをするそうだ。
是非、楽しく旅行を継続してほしい。(このブログUP中もNatちゃんはまだパリ旅行継続中)

さて、私はまだ時間があるので、再び「Paul」で野菜のキッシュを買って朝ごはんにする。
131101.jpg

窓から見えるこの景色ともお別れ。
131102.jpg

チェックアウトしてから電車を乗り継いでシャルル・ド・ゴール空港へ。
定刻通りの出発。機内のアナウンスの英語が懐かしい。

う?揺れる揺れる。ベルト着用のサインは一度消えたがすぐ点灯。機長のアナウンスによると気流が良くないらしい。短距離は高度が低いところを飛ぶから気流の影響を受けやすいので仕方がない。
約1時間半のフライトだ。がまん、がまん。

131103.jpg
ヨークシャー上空。まもなく空港到着!

今回は手荷物のみなので、すぐに外に出られる。早いけど、重かった?
到着ロビーの入り口で旦那とエピヌがお出迎え。
エピヌに会えて嬉しい。なんてカワイイ娘なんだろう。親バカ爆裂。

さて、今回のお土産。まだ紹介していない分。

131106.jpg
チーズとマロンクリームの缶詰。真ん中のパルメザンチーズの塊はバスチーユのマルシェで購入。
パルメザンの右隣はボン・マルシェのComté。左はクルミエ。めちゃ臭い。でも中はカマンベールよりもクリーミー。手前の青い包みはノルマンディー産バター。

131108.jpg
Milkaいっぱい。大きいのは空港で。3つで2つの値段と格安。いつもアムステルダムのスキポール空港で購入するが、今回はパリでも見つけた。ラッキー。
小さいのはカルフールで。

131109.jpg
これは変な顔バゲットのピコピコなるおもちゃ。エピヌへのお土産。

flour.jpg
小麦粉。一番小さい500gのを購入。パッケージがカワイイ。
これでパンを焼くか、もしくは今回購入したマロンクリームを使ってケーキを作るか。
来月、Monty君のママAli達、例の親友4人組とのクリスマスパーティまで、考えることにする。

いつもフランスに行く度に自分のフランス語レベルに悲しくなる。
中学1年生の英語レベルのフランス語。
今回も新たに決心。
「次回までにもうちょっとフランス語のレベルUPを!」

明日から旦那(←実はフランス語ペラペラな人)とフランス語で会話します。←ウソぴょ?ん


131110.jpg
「さて、マミーの決心は何日続くんでちゅかねぇ。あたちは興味ありましぇんでちゅ。」

旅行記 

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
よろしかったらポチっとお願いします。
未分類 TB:0 CM:5 admin page top↑
パリに行ってきました。(その2)絵描きさんいっぱいモンマルトル
2009 / 11 / 14 ( Sat ) 15:54:50
8時起床。もうお腹がすいている。
早速、近所のブーランジェリー(パン屋さん)へパン買いに。
フランスへ来る楽しみは、この焼きたてのパンを食べることにもある。
特にバゲットとクロワッサンの為だけにパリに来たくなることがある。
一昨年は美味しいと評判のブーランジェリーを片っ端から訪れて、バゲットとクロワッサンを食べまくった。
とても幸せだった。
さて、今回は普通にチェーン店の’PAUL’で朝ごはん購入。
アパートメントホテルには部屋にキチネットが付いているので、自分でお茶を淹れる。
お茶はもちろん持参の「ヨークシャーティー」(愛国心ならぬ愛SHIRE心)

111101.jpg

今日はモンマルトルへ。
ありがちだが、その昔、映画’アメリ’が大好きだったので訪れて以来お気に入りになった場所。
Natちゃんにも気に入ってもらいたくて、再訪。

111102.jpg
サクレ・クール寺院 (ロマネスク・ビザンチン様式 高さ85m 1919年完成)

この坂を登って、寺院の裏手に来ると広場になっている。
111103.jpg
テルトル広場 絵描きさんがいっぱい。似顔絵を描いてくれる絵描きさんもいる。
私の似顔絵は遠慮しておきます。はい。

広場から延びる通り。カフェやお土産屋さん、ギャラリーがいっぱい。

111106.jpg

111105.jpg

111104.jpg

111107.jpg

サルヴァドーレ・ダリの美術館(エスパス・ダリ)でしばし芸術に触れたあと、空きっ腹を満たすためクレープ屋さんでクレープを食す。ガレットはなく、普通のクレープのみ。
中身は基本のチーズ、ハム、卵。美味しかった。

腹ごなしの為、また歩く。
111108.jpg
ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット

コピーではなく、無名の絵描きさんのでもいいから、手描きのペイント画が欲しくて探す。
小さくても結構高い。まぁ、手間が掛かっているだろうから仕方がないのだろうけど。
もうちょっと粘って探す。
で、見つけたのこれ。2つで45ユーロ。今回一番高いお買物になった。小さいポスターは旦那にお土産。

111116.jpg

坂を下がってメトロの駅に向かう途中の家の壁も芸術的?
111109.jpg

111110.jpg

次の目的オペラへ向かう。

111111.jpg
昼間のオペラ座

111111a.jpg
夜のオペラ座(オペラ座の怪人出そう?!)

本当は中を見学する予定だったが、時間がないので、今回はパス。
お茶を買いに「Ninas」へ。でも、祭日の為、休業。

仕方がないので、また後日戻ってくることにして、お茶しにマドレーヌ広場の
「ラデュレ」に向かう。
ここは、長蛇の列。
とても待てないので、シャンゼリゼの「ラデュレ」に行くことに。

マドレーヌの「ラデュレ」程の混みようではないので、並んですぐに入れた。
とても喉が渇いていたのでお茶とケーキをいただくことに。

111112.jpg
ビスケットのようなスポンジのようなベースにマロンクリームがたっぷり載っていて、チョコレートでコーティングされているケーキ。私のお茶はラプサンスーチョン。Natちゃんのお茶はマリーアントワネット。

出てきたお茶があんまり熱くなかったので、文句を言ったら、熱いお湯を持ってきてくれた。
本当はお茶を代えて欲しかったんだけど、時間がないので、まぁ、よしと。

111113.jpg
外に出たら、すっかり暗くなっていた。

お茶したばかりではあるけれど、今夜はレストランを7時に予約してあるので、そちらへ向かう。

レストランは7区、エッフェル塔の近くにあるので、電車をアルマ橋駅で降りて歩く。
夜のエッフェル塔はライトアップしていてとてもキレイ。

111114.jpg

レストラン 「AU BON ACCUEIL PARIS」 
前回(といっても10ヶ月も前)来たときにとても気に入ったレストランで、今回もディナーの予約を入れた。7時ちょうどにレストラン到着。

さすがに7時はまだあんまりお客がいない。
私達の隣に日本人の男の子が一人で座っていた。
いろいろ話をしてみると、横浜の方だそうだ。昼はサラリーマンをしつつ夜間の調理学校に通っているとのこと。今回はその卒業旅行で総勢60人ぐらいでリヨンとパリを訪問したのだそう。
彼は一人行動が楽みたいで、今日も一人でディナーに来たとのこと。

さて、私達が今回オーダーしたのは、
2人とも前菜がイカ、メインは私がカジキマグロで、Natちゃんはベニソン(鹿肉)。
デザートは2人ともイチゴのミルフィーユとチョコレートアイスクリーム。

ワインはハウスワインで私は白、Natちゃんは赤。銘柄控えてこなかったので、不明。
でも、美味しい♪

イカはグリルしてあって、トマト・コンカッセに載っている。ズッキーニのクネルとパセリのクーリが絶妙で美味しかった。

111115.jpg
メインはカジキマグロのグリル。付け合せはマッシュルームとカリフラワー。メインには必ずマッシュドポテトが別の小さいボールで付いてくるので、これと併せて食べても美味しい。

横浜の男の子の隣のテーブルにアメリカ人の御婦人4人組がいて、彼女達もカジキのグリルを美味しいと言って食べていた。美味しそうに食べている人を見ると嬉しい。

デザートのミルフィーユのパフペーストリーがサクサクで、Natちゃんはえらく気に入っ様子。

締めはカフェ(エスプレッソ)で。ちゃんとプチフールが付いてくる。Good!

夜8時半を過ぎると、満席。

内装シンプル、テーブル数14,5の決して大きくないレストランだけど、日本人シェフがいるせいか、ウェイターさん達も片言ながら日本語が話せる。アメリカ人のお客さんも多いので、英語もOK。

今回はお会計2人で85ユーロ(3コースx2、ハウスワインx2、ミネラルウォーターx1、エスプレッソx2)
これで約3時間の幸せな時間を過ごせるのはとってもお得。

気取らない、肩の凝らない、でもちゃんと本場フレンチを楽しめるレストラン。
ただし、要予約。Eメールで予約可。服装はスマート系。フォーマルでなくOK。

これで2日目終了。
3日目につづく。

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
よろしかったら、ポチっとお願いします。
未分類 TB:0 CM:4 admin page top↑
パリに行って来ました。(その1)プロローグ☆旅にハプニングは付き物編
2009 / 11 / 13 ( Fri ) 23:27:35
11月10日から3泊4日でパリに行ってきました。
今日の午後帰ってきたばかりです。

早速ですが、パリ旅行ご報告です。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

11月10日(火曜日)。イギリス・北ヨークシャーは一応晴れ。
リーズ・ブラッドフォード空港発11時のフライト。10時に友人のNatちゃんと空港待ち合わせのため、9時半に自宅出発。

空港近くにきて、突然渋滞に巻き込まれて、ちょっと焦り気味。 
10時までに空港到着できそうにない為、Natちゃんに電話をすると、Natちゃも同じ渋滞の列の、しかも私たちの少し後ろにいるらしい。(笑)

なんとか渋滞脱出して、空港到着したのが10時15分頃。約5分後にNatちゃんと合流。
すでにオンラインチェックインを済ませてあったので、Natちゃんの荷物をドロップして搭乗口へ。
私は3泊の為、手荷物のみ。定刻出発。

約1時間半でパリ到着。フランスの方が1時間進んでいるので、時計の針を進める。

私たちはパリ・シャルル・ド・ゴール空港の第3ターミナルに到着。近距離、格安航空会社用のターミナルのため、第1、第2ターミナルに比べるととても小さいターミナル。

しかし、入国管理場はものすごい混雑。結局私たちは一番最後に通過。かなりの時間のロス。

そこから、パリ市内までの高速郊外鉄道(RER)に乗るため、空港駅まで移動。徒歩で約5分。
今回滞在場所のプラス・ディタリーまで切符を買って電車に乗り込む。
とりあえず、ここまで順調。

ところが、電車が北駅でしばらく停車した後、空港方面へ動き出してNatちゃんと2人で「??」状態に。次の駅で下車して、北駅方面に戻ることにしたが、反対方面に行くプラットホームは見えるのに、なぜかアクセスできず。私たちと同じように、逆戻りしてきてしまった英語を話すおじさんと一緒に市内方面行きのプラットホームのアクセスを探す。おじさんはどこかに電話をして、電車が北駅までしか運行していない理由を聞いていた。どうやら鉄道のストライキらしい。こんな日にストだなんて、私たち、運悪し。
うろうろするうちに、一度改札を抜けてからじゃないと反対側へ行けないことを発見。でも、改札の一箇所が開いていて切符を通すことなく通り抜けることができるらしい。3人とも無事市内行きの電車へ乗車。

RERは北駅から先へ行かないようなので、急遽予定を変更して、北駅からメトロでプラス・ディタリーへ。やっとホテル到着。
101101.jpg

チェックインしてから、NatちゃんのNAVIGO(一週間地下鉄とバス乗り放題のカード)を買いにメトロの駅へ。NAVIGOのオフィスがあったが、ここも順番待ち。並ぶこと約20分、やっとNatちゃんの番に。
でも、一週間用のNAVIGOはここでは買えないと言われ、違うところを教えられたので、今度はそちらへ向かう。バス乗り場のそばにNAVIGOのオフィスを見つけるが、また違うと言われる。すぐ近くのメトロの入り口にあるオフィスを案内される。3度目の正直、やっとNAVIGO購入。私はすでにNAVIGOを持っているので、NAVIGOのリチャージ用自販機でリチャージする。これは簡単。

晴れてNAVIGOが使えるようになったので、早速ちょっとパリ観光&夕食へ出かける。
サンジェルマン方面のバスに乗るが、またしても逆方面。途中下車してまた戻る。ようやくセーヌ川の畔に着いたとき、外はすっかり日が暮れて真っ暗。しかしサンジェルマン界隈のマリアージュ・フレールや雑貨屋さんは営業中だったので入ってみる。そんな感じで歩いているとお腹がペコペコに。
気がついたら、もう8時を過ぎていたので、ちょっと感じが良さそうなレストランを見つけて入る。
けして高級ではないけれど、パリ第一日目、しかも適当に入ったお店の割りには美味しかった。

ホテルへ戻って長い一日が終わった。
やっと明日からパリ観光(私はショッピング)本番。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村
よろしかったら、ポチっとお願いします。
未分類 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。