スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- ) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 admin page top↑
イギリス犬事情
2009 / 10 / 10 ( Sat ) 00:45:54
091001.jpg

昨日は友達が遊びに来て、ワインをグラス3杯飲んだらすっかり酔っ払ってしまいました。
その後、爆睡。。
Epinuがブログ更新がんばってくれたようで、今朝はかなりお疲れのようでした。

ちなみにEpinuは私たちと一緒のベッドで3人川の字で寝ています。

本にも書いてあったし、獣医さんにも「ベッドルームに入れないように!」って言われたけれど、Epinuの「一緒に寝たいでちゅ」攻撃にとうとう根負けしたのです。

他の人に話したら、「えー!?」って言われるかなぁと思っていたのですが、旦那の職場の人も愛犬と一緒に寝ているらしいです。しかもボーダーコリー
Epinuは小さくて良かった。(笑)

Epinuの寝相は前よりは良くなりましたが、時々、Epinuがベッドの真ん中で、私は隅で丸くなっていることがあります。
いつも抱っこして寝てるので暖かいですが、少しづつ重くなってきて、朝起きると腕が痛かったりします。それでもピタっと寄り添って寝てくれるのは嬉しいです。

さて、今朝は11時ちょっと前に起きました。
今日は午後3時出勤なので、ゆっくりブランチです。
091002.jpg

今日はイギリスの犬事情について私の知ってる範囲で書きたいと思います。

前に仔犬を探していたときに知った知識です。
犬種によりますが、ジャックラッセルは比較的安く販売されています。
どうやら相場は1頭250ポンド前後のようです。
親犬がショードッグだったりするともっと高かったりします。
でも、まぁそれでも350ポンドぐらいかな。

だいたい7週目から親元を離れていきます。

Epinuは7週目の終わりに我が家にやってきました。
babinu0101.jpg

予防接種は8週目以降です。
Epinuは最初の予防接種は9週目に受けました。またワーミング(虫下し)摂取が始まりました。

最初の予防接種が終わると、「庭で遊ばせていいですよ。」という許可が獣医さんからでます。
もちろん、他の犬との接触はまだダメですが、獣医さん主催の「Puppy Party」というパピーだけの集まりに参加することができます。
Epinuも早速参加しました。そのときはEpinuを入れて4匹の仔犬たちのパーティーです。
できるだけ早いうちに犬同士の社交性を養うのが目的だそうです。

囲いの中で4匹を自由に遊ばせるのですが、他の子たちはEpinuより1,2週若い?のに、Epinuよりずっと体が大きくて、Epinuは怖がって逃げ回っていました。

その間、親たちは獣医さんと仔犬の育て方やしつけ、歯磨きの仕方などを勉強します。
そのときに疑問や不安などを直接獣医さんに聞くことができます。
このパピーパーティーは参加無料で、最初に出席した時に獣医さん推薦の仔犬のえさを1袋お土産に戴きました。

そして、3週間後に2度目の予防接種です。
予防接種は基本的に5種混合です。
日本は6種がポピュラーだと聞きましたが、8種まで可能だとか聞きました。
どなたか詳しい方教えてください。

やっと外出許可が出たので、旅行に一緒に連れて行きました。
babynu03.jpg

さて、2週間後に3回目の予防接種です。
ところで、私も驚いたのですが、イギリスでは狂犬病の予防接種は基本的にありません。
獣医さんに聞いたところ、イギリスでは狂犬病はもう撲滅しているので、必要なし。とのお答えでした。
しかし、任意で受けることはできます。
また、犬用パスポート取得のためには狂犬病の予防接種は必須事項です。
犬パスポートは狂犬病の予防接種後6ヶ月後に血液検査を受けてパスしなければならないそうです。
またマイクロチップも必要になります。
犬パスポートを取得すると、ヨーロッパへ一緒に旅行に連れて行くことができます。
coller.jpg
(「マイクロチップ済みです。」というタグを着けてます。また、イギリスでは飼い主の情報が入ったタグを着けるのは任意ではなく法律で定められた義務です。このタグの裏に私たちの情報が彫られています。)

Epinuの3回目の予防接種は狂犬病ではなく「ケンネルコフ」です。
これは注射ではなく鼻に液体を垂らして免疫をつけるのです。

その後、血液検査。これは、前2回の予防接種でちゃんと免疫機能が働いているかどうかのチェックをするのです。

Epinuは注射がぜんぜん平気なので、獣医さんを嫌がりません。

その2週間後、今度はマイクロチップのインプラントをしました。
このときは旦那が連れていったのですが、Epinuは良い子にしていたらしく、ご褒美に獣医さんからオヤツを貰ったそうです。

とりあえず、これでお外に散歩に行けるようになりました。
でも、まだこの時点ではしつけが完全でないので、お散歩中のEpinuの自由散策はお預けです。

その後、試行錯誤でしつけをしていくうちに大分お利口さんになってきた今日この頃です。

それから断尾ですが、ご存知の通り、ジャックラッセルは断尾が基本でしたが、最近は動物愛護運動で、断尾をしないジャックが増えてきたらしいです。
Epinuも断尾されていません。
今はキツネ狩りも反対運動が起こっているので、ジャック誕生当時からは時代が変わったのですね。
しっぽは長くても短くてもジャックの可愛さには変わりないですけどね。

babinu02.jpg
(Epinu9週目。Daddyのお腹の上で寝るのが好きになりました。5ヵ月たった今も大きくなりましたがやっぱりDaddyと一緒にうたた寝しています。)withdaddy01.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
未分類 TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。